日本高配当株ポートフォリオメンテナンス状況2021年10月

こんにちは、かじもり(@kaji_mori)です。

私は、日本の高配当株を個別で購入しポートフォリオを作っています。

これらの個別株はSBIネオモバイル証券で購入しており、初心者である私にとっては1株から購入できるため、少額で分散投資ができ、低リスクで、投資の経験を上げることにも繋がっています。

毎月Excelで管理、シミュレーションを行いながらメンテナンスしています。

アラフォー投資2年目の私ですが、現状の保有銘柄の状況からどのように考えて銘柄の購入を行ったかも含め

今回2021年10月のポートフォリオメンテ結果について書いていきたいと思います。

 

 

2021年9月のポートフォリオメンテナンス結果は「日本高配当株ポートフォリオメンテナンス状況2021年9月」を参考にしてみて下さい。

 

 

2021年10月のポートフォリオメンテナンス結果

  • 10/13時点の時価は、51,766円の益となっています。

 9月のメンテナンス時より時価は19,936円のマイナスとなっています。

 但し、我が家の目的は配当金を得ることがメインであるため、短期的な変動は気にしていません。

 長期で運用して、最終的にポートフォリオがプラスになっていたらいいなぁという感じですが・・・

かじもり

9月の上り幅が高すぎて、10月は大きく下がりましたね。

 

私が作っている日本高配当株ポートフォリオの時価推移を「つみたてNISA実績」の番外編にまとめていますので良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

  • 簿価利回り3.98%

 目標としている3.75%を上回っています。

 但し、今回のメンテナンスにより9月からの変動はありませんでした。

 

かじもり

今回は、銘柄選定を行ったのですが、高配当株投資を行ってから初めて購入をしないという選択をしました。

 

  • 受取配当金予定額は16,950円です。

 9月のメンテナンス時より配当金予定額の変動はありません。

 

配当金受け取り実績は、「高配当株投資の配当金実績公開」を参考にしてみて下さい。

 

また、この配当金実績には米国高配当株も含まれていますがメンテナンスはとても簡単に行っていますので合わせて「米国高配当株ポートフォリオと運用方法」を参考にしてみて下さい。

 

 

ポートフォリオ2020年9月からの変化点

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 77a6a7169ad05d9ce7fc73caac96ffd3-1024x707.jpg

銘柄購入検討にあたり、現状の保有銘柄の状況を確認したところ、配当金利回りが3.98%(銘柄購入前)となっていました。

  

この状況を把握したうえで、アラフォー投資初心者である私が考えたこと

全体的に株高の候補銘柄も少ない状況で、目標配当利回りである3.75%以下を選択するのもどうかなという考え

高配当株投資は投資をしていかないと配当金の受取額が増えないという考え

 

この2つの葛藤から私が選択したものが、10月は保留するという考えになりました。

  

  

各業種の考察

不動産業

  • 配当金比率:上位
  • 構成銘柄:中位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

  

サービス業

  • 配当金比率:上位
  • 構成銘柄:上位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 保有銘柄の買い増しを中心に新規銘柄も視野に入れて検討したいところです。

  

食料品

  • 配当金比率:上位
  • 構成銘柄:下位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 2021年4月のメンテナンスでようやく新規銘柄購入ができました。まだまだ銘柄数が少なくリスクは高い状況なので銘柄数がを増やしていきたいところです。

 

繊維製品

  • 配当金比率:上位
  • 構成銘柄:中位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

   

情報・通信

  • 配当金比率:中位
  • 構成銘柄:上位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 保有銘柄の買い増しを中心に新規銘柄も視野に入れて検討したいところです。

  

その他金融業、医薬品、その他製品、陸運業、卸売業、銀行業

  • 配当金比率:中位
  • 構成銘柄:中位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

   

機械

  • 配当金比率:中位
  • 構成銘柄:上位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

  

電気・ガス業

  • 配当金比率:中位
  • 構成銘柄:中位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

   

ゴム製品、化学、保険業

  • 配当金比率:下位
  • 構成銘柄:中位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

  

かじもり

次回2021年11月のメインとなる購入候補です。

  

電気機器、金属製品

  • 配当金比率:下位
  • 構成銘柄:下位
  • 配当金比率が下がってきた時の対応

 新規銘柄選定を中心に購入を検討する。

  

かじもり

2021年9月に購入した、新規業種です。

高配当株は購入していかなければ、配当金は増えない・・・

現状の株高傾向で闇雲に購入すると配当利回りは下がってしまう・・・

色々と考えることがあったのですが、新規業種検討で自分だったら将来必要となる銘柄で財務状況が良いレベルの2銘柄です。

   

かじもり

次回2021年11月のメインとなる購入候補です。

 

2021年11月のポートフォリオメンテナンスの方針

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3e13571918f43491b6d778f608f8046d-1-1024x683.jpg
  • 配当金比率下位グループを新規銘柄で検討
  • 新規業種も視野に入れる

方針を決めた後は、

  1. 購入前に、現状の損益や簿価利回りを確認し、購入検討する利回り範囲を決める。
  2. 楽天証券のiSPEEDのスーパースクリーナーで業種と配当利回りでソートをかけ
  3. Yahoo!ファイナンスに入力し、並べて直近の財務状況を確認
  4. さらに気になった銘柄は、IRバンクで過去からの状況を確認
  5. 四季報で業績記事・材料記事・業績数字予想をチェック
  6. ホームページで株主還元方針と直近の決算短信をチェック

  

以上の内容で⑥まで来た銘柄を先月のメンテナンスしたExcelデータに購入株数を投資できる金額を考慮しながらシミュレーションして購入しています。

  

上記の購入は新規銘柄の流れで

保有銘柄の買い増しに関しては、配当金比率が下位に入り簿価利回りが目標の3.75%未満であれば、利回りが下がってしまうので、基本的には株価が下がっている銘柄を選定します。

  

そこから、四季報のチェック、直近の決算短信をチェックし追加するかの判断をしています。

  

以上が現状の最善の方法と考えており、更に良好な選定方法を模索しながら取り組んでいますので、その際は、公開していきたいと思っています。

 

 

②の楽天証券のiSPEEDのスーパースクリーナーで業種と配当利回りでソートについては、「楽天証券iSPEEDを使った銘柄スクリーニングの方法」を参考にしてみて下さい。

  

続けて③のYahoo!ファイナンスに入力し、並べて直近の財務状況を確認については、「Yahoo!ファイナンスのポートフォリオを使った銘柄選定」を参考にしてみて下さい。

 

④のIRバンクでの過去からの状況確認については、「高配当株メンテナンスにおけるIRバンクの使い方」を参考にしてみて下さい。

 

⑥の配当方針(株主還元方針)の調べ方、私の保有銘柄の配当方針状況を調べた記事については、「ポートフォリオ銘柄の配当方針から見た今後の考え方」を参考にしてみて下さい。

 

良かったら参考になればと思います。

それでは、かじもりでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA